ようこそ会社設立へ
会社設立を目指す

会社設立の前に

会社設立しようと気持ちだけが先走ってしまって、用意するものを忘れていては、会社設立どころではありませんので、先に用意するものを準備しておきましょう。
ではでは、その準備しておくものを勉強しておきましょう。

印鑑証明

印鑑証明ですが、これは発起人、取締役の印鑑証明を1通ずつ必要になります。しかし、設立する会社の内容によっては印鑑証明の部数が変わることがありますので、設立する会社の内容によって確認をしておきましょう。

実印

これも発起人と取締役の実印が必要になります。これは印鑑証明に押印されている印鑑になります。

会社代表印

設立する会社の代表印です。代表印は印影の一辺の長さが1センチから3センチ以内の正方形に収まるものを作ります。これは会社印を作る上で決まっているものなので、印鑑を専門店へ注文するのであれば、説明があるはずです。印影が簡単すぎてしまうものであった場合、会社代表印として受理されない場合もありますので注意が必要です。
たまにですが、会社代表を作り忘れていることがあるので、作るのを忘れずに!

通帳

発起人の通帳が必要になります。これは株式会社を設立するとき、資本金の払込みをする必要があります。その手続きの時に発起人名義の通帳が求められます。
これは今まで使用していた通帳でもOKなのです。しかし、ゆうちょ銀行の通帳ですと払込み手続きに使用できません。

recommend





Last update:2019/7/31

copyrgiht C 2009 会社設立.com Allright Rserved.